中部地区Hグレードファブのカジケイ鉄工(本社・岐阜県垂井町、社長・多和田靖也氏)は、約8千万円を投じて、本社工場に2基目となる柱大組立自動溶接ロボットを増設。今月より本稼働に入った。また、新設備導入に伴い、柱、梁製作工場のレイアウトを変更。生産効率をさらに引き上げるとともに、現場作業員の負担軽減を実現。働き方改革にも対応した。