アルミ建材などの事業を手掛けるツヅキ(本社・大阪府東大阪市、社長・高橋浩二氏)はきょう4月1日から同市内に研究開発拠点「テクラボ」を稼働させる。外壁関連分野をはじめとした事業領域の拡大に向け、研究開発を強化することが狙い。今後はテクラボを起点として新たな製品・工法の開発や、現有製品・新製品の融合による顧客価値の創出を加速させる。 同社では今...