東京製鉄は18日、4月契約の鋼材販売価格について全品種で前月比据え置くと発表した。全品種据え置きは4カ月連続。海外市況は上昇し、国内需要も建設向け中心に底堅い。ただ、足元は建設工事の遅れで条鋼類の荷動きがやや停滞。薄板は在庫増と輸入材の入着が弱材料だが「一時的な動きで、5月連休明けに需給は引き締まる」(今村清志常務営業本部長)とした。新年度か...