一般形鋼類は強含み横ばい調で推移。置き場・ベースサイズは等辺山形鋼6×50=7万5千~6千円どころ中心の値動きとなっている。 価格面は原料高を受けてのメーカー値上げに伴い、流通は価格転嫁に注力している。母材鉄スクラップも続伸している。メーカー値上げに伴う相場押し上げは伸び悩んでいるが、流通は仕入れと販売の価格差から価格転嫁を進めたいところだ...