北海道地区は新規需要動向を見守りながら、カラー鋼板、普通線材製品とも現行値圏で横ばい推移しそう。 1月は継続工事が順調に進んだようだが、2月前半は寒波の影響もあって現場施工や荷動きも停滞感が強かった。しかし、2月後半から3月には雪解けが例年よりも早く進み、ここにきて一部で新規工事も出始めているようだ。こうした中、例年同様に全道で相次いで開催...