東京地区の条鋼建材製品は、原料市況の反発から先安観は払しょくされたものの、荷動き、引き合いはやや盛り上がりに欠ける展開にある。価格帯も上伸余地を残すが、メーカー値上げ分の価格転嫁も足踏み状態だ。 異形棒鋼は鉄スクラップが弱含んでいた2月上旬まで、一部の特約店で期近の小口案件に限って安値が散見されていた。だが原料市況が再び上伸したことでメーカ...