角形鋼管は、メーカーは採算確保のため値上げ意向を持っているが、相場は横ばいに推移している。 建築関係ではボルト不足が荷動きに悪影響を与えているようだが、製造業向けは変わらず堅調。加工現場は残業する日が多く、悪くない販売状況が続いている。 4月以降の先行きに不安感がないわけではないが、悲観するほど落ち込むことはないだろう。(談)