新日鉄住金系の建材厚板シャー、小谷鋼業(本社・大阪市西淀川区、社長・小谷浩史氏)は、開先加工機の導入を検討している。同社が本格的に厚板二次加工を手掛けるのは初めてで、「できれば今期中にも導入したい」(小谷社長)考え。溶断だけでなく、ニーズの高まっている二次加工もしていくことで、付加価値を高めていく。