電炉小棒メーカー、朝日工業(社長・村上政徳氏)は、埼玉工場(埼玉県児玉郡神川町)で構造用鋼の棒鋼精整設備の一部更新を完了し、今年1月から特殊鋼棒鋼精整製品の生産を再開している。現状はサンプル生産のため1月以降の生産量は100トン弱。特殊鋼はSC材のみ。今後はクロムモリブデン鋼であるSCM材の生産も再開していく考え。 同社は設備老朽化に伴い2...