「運転手が不足して、思うように鋼材が運べない」―そんな声が、日増しに強まってきた。スポットで配達を頼んでも、すぐには対応できない。顧客ニーズに対応できなくなる。扱い筋の悩みは深い。鉄は重量物。輸送にも専門のスキルがいる。安全への配慮もとりわけ重要だ。そのスキルを持った人手が、年々減っている。一方で、鋼材特約店などの受注ロットは小口化が進み「扱...