アルミ圧延品(板・押出・箔合計)の18年12月輸出量は、前年同月比3・0%減の2万6919トンだった。全体の3割以上を占める中国向けが15%程度減少した一方、タイやマレーシアといった東南アジア向けは堅調だった。アルミ製品に追加関税を付加している米国向けは横ばいだった。 板類は5・3%減の1万7866トン。米国向けが2985トン(6・5%増)...