カラー鋼板類の荷動きは総じて低調。荷動きはどちらかというと鈍い展開だ。品種によって若干の温度差があるものの、年明け後も芳しくない。 仕事は見えているものの、実際の引き合いは伴っていないのが実情。工事が依然ずれ込んでいるためで、発注につながっていない。市場は様子見ムードを払しょくできないでいる。 とりわけ、非住宅向けの厚番手はさえない。極端に...