普通鋼電炉各社の第3四半期決算は、製品値上げ・原料調整安によるメタルスプレッドの改善と販売数量増などで、一部メーカーを除いて収益改善が進んでいる。通期決算見通しでも経常利益予想を上方修正するところが増えている。前3月期では苦しい業績が残ったが、今期はまずまずといったところか▼ただ「安心はできない」というのがメーカーの大方の声だ。理由は中国の...