名古屋地区の普通鋼鋼材は、3月以降の復調の流れを待つように小康状態。価格的にももち合い。高炉メーカーから流通段階への入荷は、鋼板を中心に徐々に厳しくなっている。土木関連製品の需要は堅調。全体の需給タイトに拍車をかけている。地区では大型物件も少ないが、製造業は自動車を中心に堅調。産業機械関連も変わらず忙しい。今後は輸入鋼板の流通量も増えそうで...