建材・産機向けを中心とする厚板シャーの日鉄住金神鋼シャーリング(本社・大阪市此花区常吉、社長・浅野博之氏、略称・NSSシャーリング)は年内をめどにCAD・CAMシステムを更新する。新システムは大新技研製で、投資額は6千万円程度を見込む。既存のシステムメーカーの事業撤退に伴い更新するものだが、業務効率化のほか、浅野社長は「クラウド型のシステムを...