SC材(機械構造用炭素鋼)はS45C=12万どころ中心で横ばい基調。需要環境はあまり変わらず市中の荷動きは盛り上がりを欠く。 昨春以降、ヒモ付きほどの活況感はないものの店売りの荷動きは比較的安定推移していたが、昨年12月以降は「一段鈍った感じ」(扱い筋)との声が聞かれる。年明け以降も状況はあまり変わらず、年度末に向けて例年のように多少なりと...