異形棒鋼は、鉄スクラップ市況の軟化でゼネコンの指し値は厳しく、商談は硬直状態が続くが、相場は変わっていない。 地場メーカーの納期長期化により、流入玉で安値で折り合うケースが散見されるが、相場全体が下がっている感覚はない。 建設に関わるあらゆる分野での人手不足から計画が進まず、無期延期になる案件が少しずつ出てきている。(談)