鉄スクラップは弱含みで、H2=1万8500~9500円、足元のメーカー購入値は同=2万9千円前後で推移している。 輸出値が軟調で、国内相場を下押ししている。「小幅だが、下げ余地はまだある」(商社筋)との声が聞かれ、もう一段下げそうな雰囲気だ。 足元の荷動きは停滞しているが、引き合いは低迷。需給タイト感は解消されており、スポット取引などはほと...