H形鋼など一般鋼材市況は全般に強含みで推移している。鉄スクラップ安の傾向が続くが、副資材や輸送費の高騰によるコスト高から東京製鉄などメーカー各社は販価据え置きを発表し、採算重視の販売姿勢を堅持。 特約店への引き合いや荷動きにいまだ盛り上がりは感じられないものの、メーカー側の供給事情やトラック手配難による入庫遅れの影響で在庫品薄感は継続。 こ...