銅・黄銅屑類は様子見横ばい。 LME相場は5900ドルを中心に一進一退が続く。為替相場が一時と比較し、円安に振れたため、輸入採算値は現行建値との値差はほとんどなく、市況は横ばいが続く。市中相場は1号銅線=58万~58万5千円、黄銅削粉=38万~38万5千円どころ。今月17日以降、銅建値は据え置かれているが、米中の貿易摩擦が表面化した以降、海...