建築物の金属製内外装工事を手掛ける菊川工業は24日、働き方改革と生産性向上に向けて、在宅ワーク制度を1月から導入したと発表した。介護や育児などによる休業ニーズの増加、多様化を見据え、これまで個別対応してきた事例をベースに在宅ワークを仕組み化した。柔軟な働き方を推進する体制を整えることで、生産性向上と福利厚生の充実、社員満足度の向上を図ると同...