「供給不足でタイト感出てくるも今後に不安感」――。全国鉄鋼販売業連合会(全鉄連)は2018年12月調査時に実施した各地区の役員アンケートに基づき、地域別の景況や鉄鋼需要動向をまとめた。東日本(北海道、東北、信越、関東、静岡)と西日本(東海、北陸、関西、中国、九州)をエリア別に紹介する。 【北海道】札幌は冬場に入り、一般形鋼の在庫が鈍くなった...