薄板コイルセンター(CC)の秋津鋼材(本社・奈良県大和郡山市、社長・北雅久氏)は、生産効率化や加工領域の拡大、老朽化対応などを狙いに、3号スリッターラインを更新する。投資額は1億数千万円程度を見込んでおり、今年末から来年初めごろの稼働を目指す。