形鋼の需要は堅調だろう。当社として形鋼は他社を凌駕する高品質な製品を短納期で届けていく。そのため、姫路と鹿島製造所はそれぞれの強みと立地条件を見極めた最適なミル運用を実施。各製造所でボトルネック工程の底上げを図る。一方、鉄筋棒鋼の需要はS造化などで漸減傾向を見込む。その中で、当社は適正販価の堅持や納期設定といった構造改革に取り組んできた。各...