当協会は「新たな日常」に対応すべくさまざまな事業を推進していく。居住者の在宅時間が長くなることから、今まで以上に窓や玄関などでの「換気」の重要性が見直され、良好な温熱環境を保つ「省エネ」や居心地の良さなどの「快適性」へのニーズも広がっている。近年激甚化する自然災害に対しては、想定外の事態にも速やかかつ柔軟に対応できる住まいづくりも重要だ。 ...