普通線材製品の中で値上げの動きが遅れていた亜鉛めっき線(針金)がここへきて強基調に転じ始めている。針金メーカー各社の値上げの足並みがようやくそろいつつあり、先々は流通への浸透が予想される。 針金は材料の普通線材価格の上昇に加えて、めっき原料の亜鉛も高止まりしており、メーカーのコスト増は〝二重苦〟の状況にある。一方、主な需要先の金網業界は低調...