今年は新型コロナウイルス感染症のワクチン効果による国内外の景気回復に期待したいが、取り巻く環境は引き続き厳しい状況が続くと思われる。安定操業への取り組みに加え、全社一丸となった原単位の低減や固定費の削減など一層のコストダウンを実行していく。 世界各国と歩調を合わせる形で日本も環境重視の動きに大きく舵を切り、各企業も環境を第一に考え、二酸化炭...