三菱マテリアルは22日、電気鉛建値を1万2千円引き下げ26万7千円にすると発表した。12月平均価格は27万5千円となった。同日、三井金属は電気亜鉛建値を3千円引き上げ34万6千円にすると発表。12月平均価格は34万2800円となった。いずれも海外非鉄相場と為替の変動を反映した。