異形棒鋼(SD295)は直送ベース=11万3千~6千円どころ中心で強含み横ばい。 大型連休が明けて、いよいよ最盛期入りする。年度初めは中小建築の低迷を反映してスタートが鈍かったことで、今後の需要動向に期待が寄せられる。 一方、鉄スクラップ相場は高値で推移しており、配送費や人件費を含めたコストアップが続く。地場メーカーも採算確保を重視して販価...