異形棒鋼は鉄スクラップが5万円台に乗り、メーカーは販売姿勢を再度強化。ゼネコンの希望価格との格差は依然大きいが、流通は上げざるを得ない。 H形鋼や一般形鋼も原料高でメーカーは大幅な値上げを実施。多少足並みがそろわないが、流通は売値への転嫁に注力する。一般形鋼では仮需が見られる。 特殊鋼は半導体不足による自動車減産が気掛かりだが、需要は総じて...