関東地区の二三次製品は亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品、磨棒鋼類ともに強横ばい基調となろう。 カラー鋼板などの建材薄板類は上値寄りの展開。建築需要は住宅、非住宅ともに盛り上がりを欠いているが、新値玉の浸透は緩やかに進んでおり、中心値は次第に切り上がりそうだ。一方で木材不足で住宅建築の停滞が懸念される。 普線製品は4月下旬に線材メーカーが普線の...