ナマシ鉄線など普通線材製品の荷動きは、3月半ば頃から雪解けとともに少しずつ上向いている。しかし、足元年度替わりで公共工事など需要の端境期にあることや、製品値上げの影響もあるのか、手放しで喜べるほどの勢いは感じられない。先行き回復の見通しも不透明だ。 価格的にはメーカーの値上げが相次ぎ、国内材、輸入材とも強含み。メーカーの値上げ姿勢は変わらず...