日鉄ケミカル&マテリアルは2日、自然科学研究機構と共同開発した多孔質炭素材料の量産化に成功し、トヨタ自動車の新型燃料電池車「ミライ」に採用されたと発表した。トヨタからは発電装置の小型・高性能化への貢献が評価され、表彰を受けた。 ミライに採用されたのは、多孔質炭素材料の「エスカーボン/MCND」。カソード電極用の触媒担体として採用された。