今週から新年度に入り、溶接鋼管類も主要専業メーカーがトン1万5千円程度の大幅な追加値上げを実施する。扱い筋の販売は依然として需要分野によってまだら模様だが、各品種で段階的に価格転嫁を図る。 一方で、母材ホットコイルの調達難により、メーカーからの製品供給は非常にタイトになっている。製品の安定供給、仕入れ確保の観点から、メーカーと流通双方にとっ...