中部地区の亜鉛めっき鋼板類は強基調。メーカーが昨年12月出荷分からトン5千円の値上げを実施。さらに今月出荷分からは1万5千円の追加値上げに踏み切った。ガルバリウム鋼板の素地材など定期的に出荷が見込める品種を中心に品薄感が台頭。市況の潮目が一気に変わった。 鉄鉱石および原料炭価格が上昇傾向にあり、原板価格の再値上げが見込まれ、「亜鉛めっき鋼板...