機械構造用炭素鋼(SC材)は、先高基調で推移するだろう。荷動きは不安定であり、実需かどうか見極めの難しいところもある。しかし、コロナ禍で各社が在庫水準を抑えてきた向きが多かったことから、局地的に品薄となるケースも出始め、足元の引き合いは強くなっている。 鉄鋼メーカー各社の値上げに伴い、目先高値品の入荷が始まる。年明け以降需要家へのアナウンス...