日本鉄鋼協会は9日、第181回春季講演大会の概要を発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、秋季に続きオンライン形式で開催する。来週17~19日の3日間、会員の鉄鋼メーカーや大学、研究機関の技術者・研究者らが、ウェブ上で成果を発表する。初の試みとして、期間中は参加者同士がオンライン上で自由に交流できる「談話室」を新設する。 参加者...