大手アルミ二次合金メーカーと原料問屋間で行われた関東地区の2月後半積み原料買値交渉は、上物類・スソ物類とも前回から据え置きでの決着が中心となった。機械鋳物アルミなど一部品種で高値修正はあるものの、低調な発生や高値圏で推移する海外アルミ相場などから様子見姿勢となったとみられる。 合金メーカーの原料需要は、品種によって差があるもののおおむね堅調...