関西鉄源連合会(会長・黒川友二扶和メタル会長)は16日、鉄スクラップ共同輸出入札を行い、5千トン(H2中心)の輸出を決めた。トン当たり3万9005円で、JFE商事が落札した。積み期は2月19日~4月15日まで。今回の落札価格は足元の地場メーカー買値をやや上回る結果となった。 前回は(1月19日開催)希望価格に到達しなかったため流札となったが...