ドラム缶工業会がまとめた1月における200リットル缶の出荷量は、前年同月比2・1%増の115万9669本と前月に続くプラスとなった。用途別では、石油が21・5%増の17万6459本、化学が横ばいの89万9768本、塗料が1・8%減の5万6687本、食料品が12・6%減の1万5263本、その他が28・3%減の1万1483本。板厚別では、出荷本...