普通線材製品および亜鉛めっき鋼板類は、今週も引き続き強横ばい調だろう。 亜鉛めっき鋼板類の基調は強い。品種や向け先で若干の温度差があるものの、原板の値上がりを背景にした鋼板メーカーの販価引き上げを受けて、メーカー主導の展開。 普通線材製品も、素材高を背景に有力線材加工メーカーが販価を引き上げており、安値水準は着実に切り上がっている。