国土交通省が公表した建築着工統計によると、2020年(暦年)の新設住宅着工戸数は前年比9・9%減の81万5340戸だった。床面積は11・2%減の6645万4千平方メートル。戸数、床面積とも4年連続のマイナスとなった。 利用別でも持ち家、貸家、分譲住宅のいずれも前年実績を下回った。