三菱マテリアルは2日、ハイブリッドローン(劣後特約付ローン)で1千億円の資金調達に関する契約を締結したと発表した。株式を希薄化させることなく実質的な財務体質を強化することが可能な同ローンを活用し、継続的に成長投資を実行していくために必要な資金を調達する。同日付で三菱UFJ銀行など4行と契約を締結した。実行予定日は5日。