東北地区の一般鋼材市場は、新規商談や明細の動きは本格化していないものの、各品種ともにメーカー値上げを反映し、流通では価格転嫁の動きが進行する。市況は先高観を増し、一部品種では新値が通り始めたもよう。他方、足元は大雪などの冬季要因、コロナ禍による需要後退などで下支え材料に乏しい。建材マーケットをめぐっては需要家からの下げ圧力が増し、各流通から...