米国の鉄鋼メーカー、AKスチールは、ミシガン州ディアボーン製鉄所の高炉や熱延ミルを恒久的に休止する。高炉はすでに操業を止めており、ホット生産も今夏に休止する。 ディアボーンは年産能力250万トンで、かつてフォードが運営していた旧ルージュ・スチール。ロシアのセベスタール傘下を経て2014年にAKが7億ドルで買収した。同州ではUSスチールもグレ...