三井物産が1日発表した20年3月期連結決算(IFRS)によると、鉄鋼製品部門の純利益は前期比51%減の47億4900万円となった。19年3月期は土地売却に伴う一過性利益59億円を計上しており、実質では横ばい。一方、金属資源部門の純利益は、鉄鉱石価格の上昇が寄与し同9・6%増の1832億7300万円。 21年3月期の純利益予想は鉄鋼製品で50...