3Dプリンターや砂型鋳造による試作品製造など手掛けるJMC(社長・渡邊大知氏)は15日、最新式のミリフォーカス産業用CTを追加導入すると発表した。主力拠点のコンセプトセンター(長野県飯田市)に3台目のミリフォーカス産業用CT「phoenix v―tome―x c450」を導入。6月から本格稼働を開始し、金属部品の測定能力を引き上げる。 今回...