低採算が目立ち、撤退や廃業の動きなども進んだ東海地区の薄板シャー加工業で、加工賃の底上げが進んできた。注文が小口・短納期化する一方で諸コストが上昇。事業継続に向けて再三是正が求められてきたが、ここへ来て名古屋周辺や三河地区、浜松地区でも一部大手需要家筋などが理解を示した格好。「加工賃体系に確立したものはなく、ニーズの割には加工賃が低く抑えられ...