名古屋地区の普通鋼鋼材は、地区自動車生産が本格的に調整局面に入り、関連する扱い筋を中心に仕事量、出荷量が減ってきた。通常4月は自動車関連は少なくなるが、今年は例年にない落ち込み。車種によって状況は異なるが、注文は当初予定を上回って減っており、結果的に仕掛かり在庫や自販の加工品在庫が増えているところが出始めている。資金繰り面でも厳しさを増しつ...