異形棒鋼は、ゼネコンの様子見は変わらず、新規引き合いが低調で、指し値は厳しい。メーカーの価格重視の姿勢は変わらないが、相場は弱含みに推移。 H形鋼は、東鉄の大幅値下げが心理的に影響し、基調は弱い。荷動きに盛り上がりなく、ムードがよくない。 アングル、チャンネルなどの一般形鋼は、先行きの不透明感から荷動きがより小口化している。加工は短納期明細...